企業主導型保育園_ふくろうの森保育園/福岡県

ふくろうの森をテーマにした、子供たちと先生が和やかに過ごせる保育園

企業主導型保育の施工例です。助成金の申請手続きから施工までお手伝いさせて頂きました。本物件はマンションの2F店舗のリノベーションです。園長先生、保育士の先生、経営に携わる方々の意見を元に、風水、インテリアの専門家の知見も交えて設計・施工しました。ふくろうの森をテーマにした保育園で、子供の安全を考え、無垢の木、漆喰を使用した安全で温かみのある楽しい保育園となっています。施設という雰囲気ではなく、住みよい家づくりをしてきた弊社の技術を生かした施工をしました。

保育室

ふくろうの森をテーマにした保育園で、森のイメージをもとにデザインされました。木をイメージさせるペンダントライトに始まり、無垢の木のフローリングや漆喰などの自然素材を主に使い、温かみのある楽しい保育園となっています。園児の方にも、施設に預けられているのではなく、快適な住まいにいるような気分になってもらえたらと思います。
弊社のある久留米市または、今回設置した那珂川町ではまだ事例が2,3件しかない企業主導型保育の施工事例です。

※企業主導型保育事業は、内閣府が進めている事業です。運営費・施設整備費について認可施設並みの助成が受けられるため保育料を認可保育所並みに設定可能です。

保育室写真

保育室の床には、床暖房が入っています。歩いたり座ったりしていると、ほんのりと暖かさを感じます。この床暖房は、乾燥の厳しい冬場の風邪予防のために、エアコン使用を低減する目的があります。また、壁には殺菌作用のあると言われる漆喰を塗り、さらに、汚れに強い漆喰用の保護塗料を塗りました。無垢フローリングは木の呼吸を妨げないオレンジから抽出した天然のオイルで仕上げています。ウレタン塗装した床と違い、木肌の質感を感じ、ほっこりと和む感じがします。さわっただけでも心地よいと思わせるこの木の質感は、副交感神経を活性化させ、リラックス効果が得られるという研究報告もあるほどです。園児のみなさんも、保育士の皆さんにも、穏やかな気持ちで和気あいあいと過ごしてほしいという社長、園長先生の想いが、こういったところでも一つ形になっています。

畳

床で座ったり寝そべったりして遊ぶ子供たちも、畳の上で過ごせたら快適です。しかし、イ草の畳は汚れに弱く、ダニの心配があることが難点です。そこで、今回は、イ草ではなく、耐久性にすぐれ、天然の風合いを出す特殊な素材で作った「ござ表」を使用しました。汚れに強く耐久性にすぐれ、イ草では出せなかった色彩感をだせる優れものです。

床上で裸足で過ごしたり、寝転がったりするため、20㎝ほど床上げをしました。マンションの2階の店舗だったので、1階やその他の階に子供の走る音などの振動が伝わりにくいよう、防振置床に吸音材をたっぷりと詰め込んでいます。この吸音材は、断熱の役目も果たし、床からの底冷えを低減させます。天井も吸音仕様としています。

保育室内には、子供用のマルチシンク(3つ水栓が付いています)を完備しました。子供の衛生面を保つためにも手洗いは重要です。子供が冬場の手洗いを嫌わないように、温水が出るようにしています。シンクの前は、子供たちが手洗いを楽しめるよう可愛く色鮮やかななモザイクタイルが貼られました。

幼児用トイレ

子供たちにとって、トイレに行くのが楽しくなるような雰囲気のトイレです。年少用、年長用の二つの大きさのものがあります。大人用のトイレは、大きすぎて、子供は怖いと感じるそうですが、今回作った子供用のトイレは、入園された子供さん達が、気に入ってくれているとのことでした。保育園のトイレの台数は、園児の定員数に応じた決まりもありますので、社長・園長先生と経営面の話もしながら、設計していきました。

洗濯機

子供の汚れた洋服をすぐに洗えるように、子供用トイレの向かいには、洗濯機を置き、洗濯機の奥には写真には写っていませんが汚物洗いを設置しています。

トイレ

保育園の中で、唯一、先生や職員の方が一人になれ落ち着けるのはトイレです。職員の皆様が心地よく働けるようにとの顧問の先生の想いもあり、トイレは、広めにし、大人が落ち着く空間になっています。トイレの位置や設備、色合は風水的な観点も取り入れられています。

 自動開閉は、蓋の開け閉めに手を触れず清潔で、閉め忘れが無いため暖房便座の保温性が高まります。開いたときに噴射される除菌水は、8時間使用しない時も自動的に噴射され、便器ボウルを汚れにくくすしています。

洗面台
洗面ボウル

女性の保育士さんが多い環境ですので、おしゃれな洗面台も設置。衛生面への配慮からセンサー水栓としています。風水的な観点からも水回りの位置を配慮した計画になっています。

キッチンは限られたスペースで自園調理ができるように、吊戸棚に乾燥機が入っています。電動で降りてくるこの乾燥機は、収納力もあり、除菌乾燥もできます。食洗器も70度の高温で殺菌できるタイプにしており、哺乳瓶の熱消毒等に便利です。水栓もセンサー水栓になっており、浄水器も完備しています。もちろん事前に保健所の指導も取り入れた設計です。

スペースはそれほど大きくないのですが、背面収納を、引き出しにし、たくさんの食器類の収納ができるようにしました。また、炊飯器、ポット、レンジ等が置けるよう引き出しタイプの収納にもしています。電力使用量が多くなりますので、専用回路を数本入れ、電気が飛ばないようにしています。

Before

Before
解体前のキッチン

解体前の写真です。もともとは学習塾だったようです。床も天井も壁もすべて解体し、スケルトン状態から作り直しました。衛生設備も保育園には数多くの設備が必要になることから、給排水管の数、電気の回路数も根本的に違ってきますので、設備関係も一式やり替えています。共同住宅内で子供たちが多数飛び跳ねて遊ぶということから、床の防振性能や室内の吸音性能にも配慮しました。

外観
入口サイン

ふくろうの森保育園 (企業主導型保育事業)
〒811-1213 福岡県筑紫郡那珂川町中原2丁目124 オーデブラン博多南 2F
TEL:092-953-7800

JR博多南駅のすぐ前に位置する保育園です。博多南駅周辺にお勤めの方、博多南駅からの通勤の方には大変ご利用しやすい立地です。ご入園希望の方は、ふくろうの森保育園までお尋ねください。企業主導型ですので、提携企業にお勤めの社員の方のお子さんを預かる保育園ですが、お勤めの会社が、こちらの保育園の運営に賛同し、提携企業として登録していただければ、ご入園可能とのことです。

PAGE TOP